ほめるという行為について

誰かから褒められた経験というのは多くの人があると思います。
褒められたときはどのような気持ちなのでしょうか。

恥ずかしいと感じる人、照れるという人もいます。
しかし、褒められて気分が悪くなったという人はいないと思います。
これは多くの人に共通することです。

褒めるという行為をコミュニケーションの際に活用してみましょう。
するとコミュニケーションの能力がアップすると思います。
しかし、どう褒めるかが問題です。

褒める時に回りくどく言う人がいますが、これはやめたほうが良いでしょう。
自分は褒めているつもりなのでしょうが、あまり気づかない場合が多いです。
ですから率直に褒めるというのが大事です。

率直に褒めるのは、褒める方にとっても恥ずかしいことです。
しかし、思い切って褒めると、お互いに心が開けるので親密になることが多いです。

人間関係が親密になるということはお互いを認め合うことでもあります。
認め合っているということは褒めるということでもあります。
ですから親密になりたいと思っているのであればコミュニケーションの中で褒めるようにしましょう。

しかし、なんでもかんでも褒めればそれで良いというわけではありません。
とりあえず褒めていても、相手は心を開きません。
逆に心を閉ざしてしまう可能性もあるので気を付けないといけません。

相手も相手でしっかりとわかっています。
お世辞はお世辞でしかないですから、しっかりと「それは違う」とわかるはずです。
ですから嘘でも褒めるというのはあまり意味がありません。
褒めるにはある程度の技術が必要になります。
これをマスターすればコミュニケーションの能力はアップすると思います。

外見の魅力

女性同士の話の中で多いノア「ダイエット」の話題です。
ファッション誌に出てくるモデルに憧れてそうなりたいと思う女性が多いのでしょう。

モデルさんを見ているとスラッとしている女性ばかりです。
ですから、モデルさんを普通と考え、もっと痩せないと・・・と思うのだと思います。

なぜ痩せるのかというと、綺麗になりたいからです。
つまり、最終的にはモテるためという感じでは愛でしょうか。
しかし、男性からモテるためには絶対に痩せてないといけないのでしょうか?
痩せていることが絶対条件ではありません。
逆に痩せすぎている女性は魅力的ではないという男性もいます。

男性と女性は体つきが全く違います。
女性は丸みがあるのが特徴です。
男性も女性もそうですが異性に対しては自分にないものを求める傾向があります。

男性は女性に対して、特徴でもある丸みを求めます。
女性の丸みのある感じが柔らかく、和める感じがするのでしょう。

ですから、あまりにもガリガリ体系になってしまうと男性は引く可能性があります。
ある程度柔らかい感じがある方が男性に好まれる傾向があります。

もちろんある程度であって限度があります。
太っていれば良いというわけではありません。

女性の場合、気になるところに二の腕があると思います。
やたらと触る男性がいますが、イヤミで触っているわけではありません。
ぷにぷにした感触が好きで、触っているだけなので怒らないようにしてあげてください。